5月場所初日、注目取組の勝敗予想と結果(2024年大相撲)

  • URLをコピーしました!
 *本記事を含め、当サイトでは広告を掲載しています。

いよいよ大相撲2024年5月場所の初日。

この記事では、筆者 TOPIOが、5月場所で注目している関取の初日取組の勝敗予想と結果について書きます。

なお、まず、取組の勝敗予想を書いたら記事を公開します。

そして、結果が出た以降に、記事更新として順次、取組結果を記します。


▢ ▢ 以下、2024/5/13 7:40追記 ▢ ▢

三役以上、8関取で、初日唯一の白星が小結・大の里。

大の里、やはり只者ではない・・・。

スポンサーリンク

▢ ▢ 以上、2024/5/13 7:40追記 ▢ ▢

目次

5月場所注目の力士は・・・

画像出典:テレ金 NEWS

筆者 TOPIOが5月場所で注目している幕内の関取は次の9人です。

当初は10人でしたが、残念ですが尊富士が休場ということで9人。

その9人に注目した理由については、次の記事に書きました。

さて、この記事で5月場所注目している幕内の9関取(休場の尊富士を除く)は次の通りです。

5月場所注目の幕内9関取
  • 大 関・豊昇龍 (24歳・立浪部屋)
    • 5月場所の優勝候補予想・1番手
    • 今年中の新横綱昇進期待
  • 大 関・琴 櫻 (26歳・佐渡ヶ嶽部屋)
    • 5月場所の優勝候補予想・2番手
    • 今年中の新横綱昇進期待
  • 前頭3・高 安 (34歳・田子ノ浦部屋)
    • 5月場所の優勝候補予想・3番手
    • 活躍期待の熟練関取(毎場所、初優勝を期待してます!)
  • 小 結・大の里 (23歳・二所ノ関部屋)
    • 今年中の新大関昇進期待
    • 大学出身横綱の実現期待(日本体育大学)
  • 前頭1・熱海富士(21歳・伊勢ヶ濱部屋)
    • 7月場所の新三役昇進期待
    • 今年中の新大関昇進期待
  • 前頭2・豪ノ山 (26歳・武隈部屋)
    • 今年中の新大関昇進期待
    • 大学出身横綱の実現期待(中央大学)
  • 前頭9・玉 鷲 (39歳・片男波部屋)
    • 活躍期待の熟練関取
  • 前頭2・佐田の海(37歳・境川部屋)
    • 活躍期待の熟練関取
  • 前頭2・宝富士 (37歳・伊勢ヶ濱部屋)
    • 活躍期待の熟練関取

5月場所・初日の注目取組の勝敗予想と結果

それでは、5月場所・初日の注目取組の勝敗予想と結果です。

注目取組とは、前述の5月場所注目幕内関取9人の取組のこと。

まず、注目取組の勝敗予想を記載します。そして、公開してしまいます。

取組結果については、分かり次第、順次、記事更新として追記していきますね。


なお、初日は、注目関取同士の対戦が1つありますので、注目取組は8つになります。

初日 前頭16・宝富士 vs 前頭17・剣翔

【勝敗予想】

宝富士と剣翔との過去対戦は、4勝6敗で宝富士が若干の負け越し。


剣翔は3月場所で前十字靭帯損傷の大怪我を負って、5月場所は休場かと思われましたが出場。大相撲ファンとしては、しっかり直して欲しいところですが、休場すれば7月場所は十両陥落・・・。

さて、勝敗予想としては、剣翔の大怪我もあり、宝富士の押し出しで勝ちと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

宝富士の立会いからの押しに、剣翔なすすべもなく、押し出され、宝富士は初日白星(寄り切り)

初日 前頭11・佐田の海 vs 前頭10・金峰山

【勝敗予想】

佐田の海と金峰山の過去対戦は、1勝2敗で佐田の海の負け越し。


2人の対戦は昨年11月場所以来。

金峰山は今年初場所、3月場所と連続の負け越し。

一方、佐田の海はこの番付あたりでは力を発揮します。

実力的には互角と見ますが、贔屓目で熟練関取・佐田の海の勝ちと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

佐田の海、立会いからの金峰山の両手突きに対処できず土俵下へ。佐田の海は初日黒星(押し出し)

初日 前頭9・玉鷲 vs 前頭8・琴勝峰

【勝敗予想】

玉鷲と琴勝峰の過去対戦は、4勝3敗で玉鷲が若干の勝ち越し。


直近2場所は玉鷲の連勝。しかし・・・

いろいろな情報を総合しても、五分かな・・・というのが本音。

この取組も前述の佐田の海の一戦と同じく、贔屓目で熟練関取・玉鷲の勝ちと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

立会い頭から当たった両者、その後、玉鷲の左のおっつけが終始有効で、あっという間に土俵際まで追い込まれた琴勝峰はえびぞり状態、そこへ玉鷲のダメ押しの突きで琴勝峰は土俵外へ。玉鷲は初日白星(押し出し)


これで通算成績、808勝目。これからも白星を重ねてください!

スポンサーリンク

初日 前頭3・高安 vs 関脇・若元春

【勝敗予想】

高安と若元春の過去対戦は、3勝2敗で高安の勝ち越し。うち、1敗は高安の不戦敗。つまり、高安が若元春と対戦して負けたのは1つだけ。どうやら高安のほうが分が良いみたい。


高安は昨年と今年の8場所で、2回の3回の休場と1回の負け越しはあるものの、残る4場所は全て2桁。やはり、力がある関取です。そして、5月場所は前頭3ですから、前半で上位陣と総当り。次場所での三役復帰を狙うためにも初戦で勝つことで勢いをつけたいところです。

一方、若元春のほうは昨年11月場所の負け越しで、今年初場所には平幕転落したものの、1場所で関脇に戻ってきた実力者。3月場所で11勝をあげた若元春にとって、5月場所は今年中に新大関昇進が狙えるかどうかの重要な場所となります。スタートとなる初日は絶対に落としたくない・・・。

実力的には両者均衡か、そして、初日にかける想いも同様に両者強いものがあると推測。

勝敗予想は難しすぎる。そんなときは「天下の宝刀」、贔屓目です・爆。

これまた、贔屓目で高安の勝ちと予想します(そんなんばっかりだね・・・)。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

両者厳しい立会いで左の攻防。左下手を取った高安が厳しく押しで攻めます。その後、両者1回ずつ往なし(いなし)た後に、高安が押しで若元春を土俵際に。最後は喉輪で若元春、土俵外へ。


少し長い相撲で、もう少し長くなると高安危ないかなと心配しましたが、高安初日白星(押し出し)

初日 前頭2・豪ノ山 vs 大関・霧島

【勝敗予想】

豪ノ山と霧島の過去対戦は、1勝1敗で五分。直近対戦の初場所では豪ノ山は負けています。


3月場所は、入幕後2回目となる二桁白星。あげあげ状態(?)の5月場所は、前半で上位陣総当たりとなる前頭2。初戦白星で勢いづけたいところですが、いきなりの大関対戦です。

ところで、前半上位陣総当たりの豪ノ山、そして、初の三役入りを目指す豪ノ山にとって、重要なことは総当たり戦を終えた段階で1つでも勝ち越して終えること。その勢いで後半戦に白星を重ねて2桁白星を狙う。そのためにも、怪我なく前半戦を終えることが重要です。

一方、大関・霧島は3場所の大敗で5月場所は角番。前半は絶対に落としたくないところですし、初日となるとその想いは強いハズ。

場所前にきちんと仕上げていれば、そして、大きな怪我がないのであれば、あげあげ状態(?)の豪ノ山は勝てないでしょう。

ということで、想いと実力は大関・霧島が勝り、豪ノ山は負けと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

霧島はまだ怪我の影響があるのでしょう。立会いの当たりが厳しい豪ノ山が、一気呵成に突き押し。霧島はあっという間に何もできずに土俵を割ります。


予想を外してしまいました。豪ノ山は初日(押し出し)

初日 大関・琴櫻 vs 前頭1・大栄翔

【勝敗予想】

琴櫻と大栄翔の過去対戦は、9勝5敗で琴櫻の勝ち越し。


特に、直近3場所は、琴櫻の連勝です。かつ、琴櫻は大関・豊昇龍とともに、今、一番力と勢いのある関取。

一方、大栄翔は、1年6場所守り抜いた関取から平幕陥落。復帰を狙う5月場所の初日は大栄翔にとってとても大事ですが、いきなりの大関戦。しかも、対戦相手は、のりのりの(?)琴の若改琴櫻。しかし、大栄翔は過去対戦で負け越しているとはいえ、琴櫻に五分で戦える数少ない関取の一人であることは間違いないです。それでも・・・

大栄翔の一番の懸念は、3月場所で負け越した原因、怪我です。大栄翔は昨年7月場所の対・若元春戦で肋骨骨折。身体の一箇所に不具合が出れば、それをカバーする形で他のところにも支障が出てくる。そんなこんなで、怪我の状態によっては、勝ちの目はなくなります。

今の琴櫻には、体調万全でない大栄翔では勝てない、つまり、この一戦、琴櫻の勝ちと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

琴ノ若改琴櫻(しつこい・爆)の立会いは強さがなく、大栄翔を差し止めることができず。一方、大栄翔は、立会い後のつっぱりが好調で、そのまま大関に何もさせずに土俵外へ。


組5月場所の初日だけでなく、琴櫻としての初日だったのですが・・・。

これまた、予想は外れ。琴櫻は初日黒星(押し出し)

筆者 TOPIOは、5月場所の幕内優勝予想の2番手として、琴櫻を挙げましたが、初日の相撲内容を見る限り、早くも黄色信号です!

初日 大関・豊昇龍 vs 前頭1・熱海富士

【勝敗予想】

注目関取同士の対戦です。


豊昇龍と熱海富士の過去対戦は、2勝1敗で豊昇龍の勝ち越し。直近2戦は豊昇龍連勝です。豊昇龍は前半戦で黒星を喫することが多く、それを乗り越えて、中日全勝ターンをすれば、後半戦が強いので優勝も狙えるのではと期待しています。

一方、熱海富士は、初入幕の昨年11月場所でこそ、豊昇龍から突き落としで白星を獲得したものの、その後の2戦は番付通りの実力差(?)で敗れました。

熱海富士に実力があることは間違いないですが、豊昇龍が落ち着いて取れば、現状の実力差がそのままでてくるでしょう。

この注目関取同士の一戦は、豊昇龍が寄り切りで勝ちと予想します。

▢ ▢ ▢

【取組結果】

取立会い、自分の形をつくったのは熱海富士。左の下手をすぐさま引いて形十分。豊昇龍は熱海富士を投げで振り回しますが、がっちり下手を取った熱海富士はびくともしません。


3連続の予想外し。豊昇龍は初日黒星(下手投げ)

おひおひ、私の5月場所優勝予想の1番手にも初日から土。

・・・ということは、5月場所も面白い展開になるんだろうなぁ。


一方、熱海富士は初日白星

初日 小結・大の里 vs 横綱・照ノ富士

【勝敗予想】

大の里と照ノ富士の過去対戦は、0勝1敗で大の里負け越し・・・というか、大の里は、照ノ富士に本割で勝ったことはありません。今年初場所が初顔合わせで、3月場は照ノ富士が途中休場で対戦無しですから、仕方のないことです。


大の里、3月場所後に、本割以外のことでいろいろ世間を騒がせましたが、しっかり稽古は積んでいる様子。また、照ノ富士にも稽古でかわいがられたようです。

満身創痍の照ノ富士なので、実力アゲアゲ状態の大の里に勝機は十分に有ると考えます。

筆者 TOPIOは照ノ富士大好きですけど、勢いのある若人に対する贔屓目もあり、大の里が「寄り切り」で勝ちと予想します。

ポイントは勝ち急がないことね。力でもっての「寄り切り」!

▢ ▢ ▢

【取組結果】

立会いで回しを左上手を取った照ノ富士ですが、切られて土俵際の投げ。一方、立会いの勢いの流れまま、大の里が横綱を掬い投げ。


大の里は初日白星(掬い投げ)

組おひおひの4連続予想外しです。スミマセン・・・。

まとめ

5月場所を楽しく観戦するためにも、5月場の注目関取を決めています。

そして、その注目関取9人の初日取組の勝敗予想をしていました。

合わせて、結果が分かったあと、記事更新という形で取組結果を追記しますしました。

▢ ▢ ▢

これらの注目9関取以外に、以下の関取にも注目しています。

  • 大 関・霧 島・・・早々に角番脱出できるか?
  • 関 脇・若元春・・・新大関昇進につながる2桁白星を残せるか?
  • 前頭1・大栄翔・・・1場所で三役復帰を果たせるか?

▢ ▢ 以下、2024/5/12 18:01 追記 ▢ ▢

初日、いきなりの4大関・全タコ(泣)。

それだけでなく、結びの一番で横綱にも土。

振り返ってみれば、関脇以上の全関取に土が・・・。

もう、何がなんだかわからない、ワクワクだけしか残らない5月場所になりそうですね。




スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次