アマゾン【オーディブル】おすすめな3つの理由〜あなたの読書ライフ激変!?

オーディブルお薦め理由3つ
<スポンサーリンク>
この記事のサマリ
  • アマゾン聞く読書「オーディブル」は読書の幅を広げる
  • 「オーディブル」をすすめる3つの理由を説明
  • 「オーディブル」に対する疑問を解消

ブログ管理人「ShiGe☆」です(以下、「私」と書きます)。
 
これを読んでくださっているあなたは、日頃から読書が大好きで、アマゾンの聞く読書【オーディブル】が気になっているのでは?
 
でも、アマゾンの聞く読書【オーディブル】って、フツーの「読む読書」と比べる不効率では?とか、何かいろいろ欠点あるんじゃないかな…と心配しているかもしれませんね。
 
また、アマゾンの聞く読書【オーディブル】は「いま流行りのサブスクサービスである」ことは知っているものの、「読書として割に合うのかな?」との疑問も持っているかも…。
 
この記事では、あなたのそんな心配や疑問にお答えします。

目次

アマゾンの聞く読書【オーディブル】はおすすめです

私は、【オーディブル】のお試し期間を経て、しっかり継続しています。メリットを感じているからです。
 
ちょっと脱線しますが、私の読書歴を。
 
若い頃から読書は好きで、「月に15冊くらい」「年間200冊くらい」は本を購入して読んでいました。
 
その後、「電子書籍」が登場し、購入の95%は「リアル本」から「電子書籍」に移行しました。読書ペースは同じくらい。
 
普段は、iPadや27インチ画面のiMacで「電子書籍で読書」しています。特に、iPadは、いつでもどこでも本が読めるので便利ですね。
 
ちなみに、iPadでいつでもどこでにいても読める購入済みの電子書籍は600冊くらい。
 
そして今、「聞く読書」の登場とともに、少しずつ「読む読書」から「聞く読書」へ移行しつつあります。
 
実は、【オーディブル】無料お試しの数年前から、「聞く読書」については、アップルの「iBooks」や、OTOBANKの「audiobook.jp」を活用してきました。
 
現在、「iBooks」や「audiobook.jp」で購入した「聞く読書」の本は60冊くらいあります。
 
そんななか、2021年1月に【オーディブル】の無料お試しをスタート。退会(解約)することなく、いまも続けています。
 
私がここ4ヶ月の期間で【オーディブル】にて購入した本は24冊。ほぼどれも2回ずつ以上、聞いています。
 
_/_/
 
私は、以上のような体験をベースに、主張します。
 
アマゾンの聞く読書【オーディブル】は、本好きなあなたに、おすすめです♪

本好きなあなたに【オーディブル】をおすすめする3つの理由

本好きなあなたに【オーディブル】をおすすめする理由は、3つあります。

  • 理由1「スキマ時間を有効活用して効率的」
  • 理由2「いろいろな媒体を活用して効率的」
  • 理由3「1冊当たり平均価格は最安値かも」

【オーディブル】をおすすめする3つ理由の根拠はコレ

それでは、前述した【オーディブル】おすすめ3つの理由を、ひとつひとつ、体験談などを加えながら説明しますね。 

理由1「スキマ時間を有効活用して効率的」の根拠

1日の生活を振り返ると、ちょっとしたスキマ時間というのは沢山あるものです。
 
例えば、通勤時間。日課にしているウォーキングやランニングの時間。料理や洗濯物干しなどの家事の時間。あるいは入浴時間・トイレ(笑)。
 
こういうスキマ時間を足すと相当な時間になります。
 
もちろん、全部のスキマ時間を「読書に充てる必要」はないです。
 
実は、「ときどきの1回の読書で何時間も使う」ことより、「聞く読書を活用して、毎日5分でも読書を楽しみ続ける」ほうが素敵かな…と感じています。
 
ちなみに、我が家では「洗濯&洗濯物干し&取り込み&たたんでしまう」が私の担当。その家事の最中、「聞く読書」に充てています。
 
そして、最近はもっぱら【オーディブル】で購入した本を繰り返し聞いています。
 
また、ウォーキングやランニングを日課にしています。週に2回程度は、近所の山を尾根伝いに3時間くらい走ります。これらの際も、お供は、聞く読書【オーディブル】。
 
要するに、「聞く読書」で読書生活の効率性がアップする…そう確信しています。
 
もちろん、効率優先だけじゃないです、ベースは「楽しみながら」!!

理由2「いろいろな媒体を活用して効率的」の根拠

これ、効率性という点で、1つ目の理由と微妙に関連しています。
 
「聞く読書」では、使う媒体に依存するものの、「速く聞くことができる」。これ凄い利点です。
 
私は「聞く読書」では、だいたい「2倍速」で聞いています。
 
つまり、普通に読み上げた速度で聞くと5時間かかる場合、「2倍速」で聞けば、半分の2.5時間で聞き終えてしまう。
 
「2倍速」聞きは、別段、特別の能力は不要です。
 
最初は「1.2倍即」くらいから初めて、徐々に、速度をあげる。そんな感じで進めれば「2倍速」でも言葉も意味も、すぐにしっかり聴き取れるようになります。
 
別に「2倍速」にこだわりません。自分の気持ちの良い速度で聞けばいい、そう思います。
 
_/_/
 
一方、これも1つ目の理由、効率性を補完する要因です。それは…
 
いろいろな媒体を使って聞けるという点。
 
スキマ時間の「その場」にある媒体を使えばいい。例えば…
 
私が洗濯物干し&取り込みをするときは、コードレスイヤホンを使ってiPhoneで【オーディブル】再生。速度は「2倍速」。
 
電車乗車中などもコレ〜コードレスイヤホン&iPhone&2倍速〜ですね。
 
一方、お風呂では、防水袋に入れたiPadで再生して「聞く読書」。
 
あるいは、家で仕事をしているときは、部屋の隅に置いてあるアマゾンエコー(スマートスピーカー)で「聞く読書」。
 
たとえば「アレクサ、本を読んで」と言うだけ。
 
電子書籍やリアル本の読書では、以上のようなことは出来ません。

<スポンサーリンク>

理由3「1冊当たり平均価格は最安値かも」の根拠

私が「聞く読書」にとっぷりハマったのは、数年前から「iBooks」で「聞く読書の本」を買うようになってからです。
 
そして、2021年1月の【オーディブル】無料お試しスタートで、さらにそれが加速。
 
その「加速」には、理由があるんです。
 
これまで「iBooks」「audiobook.jp」で相当数の「聞く読書の本」を購入してきました。
 
でも、ここ2ヶ月くらいは、「聞く読書の本」は、すべて【オーディブル】で購入しています。
 
高いものほ、会員価格でいうと7000円を超えるものが数冊。高いからこそ【オーディブル】一択。
 
理由は単純。「一番、というか圧倒的に安い」からです。
 
【オーディブル】の本の買い方は、こんな感じ。
 
サブスク料金(税込み1500円)で、毎月「1コイン」もらえます。
 
そして、この「1コイン」で「どんな本でも1冊買える」。これがオーディブルで本を買う仕組み。

「どんな本でも」という意味は、「どんな高い本でも」ということ。
 
つまり、1万円の本だろうが、5千円の本だろうが、この「1500円のコイン1つ」で買えるんです。安っ!!
 
さらに言うと、買いたい本がない場合は、翌月にコインを持ち越せます。6ヶ月何も買わなければ、コインが6個貯まる。
 
コインの持ち越しは6ヶ月マックスというルールはあるものの、そのルール内で、好きなときに好きなものに使えばいい。
 
一方、毎月もらえる「1コイン」で早々に本を買ったらコインは「0」。そうしたらどうするの???
 
その場合、【オーディブル】会員ならば、すべての本が通常価格の30%引きで買えます。
 
でも、「30%オフで買う」…そんなことはしないでください、損ですから。
 
実は、
コイン保有数が「0個」もしくは「1個」のときのみ、コインを追加購入できます。
 
3個セットでしか購入できませんが、その価格は「3コインで3600円」。つまり「1コイン=1200円」。
 
そうです、もうお分かりでしょう。この追加コインで、1万円の本であろうが、5千円の本であろうが、1200円で買えちゃうってことです。
 
_/_/
 
話をちょっと変えますが、「リアルな紙の本」より、「電子書籍」はかなり安いですね。もともと電子化のためのデータが版元あるので、「電子書籍化」するための1冊当たりのコストが極端に低くなるからです。

でも、「読む読書の本」は高いのです。「リアル本な紙の本」より高く、「電子書籍」と比較すると2倍くらい高いものもあります。
 
何故か…
 
それは、「聞く読書の本」は、聞きやすい声の方(アナウンサーや俳優とか)に朗読をお願いして、しかも、何回も録音繰り返しながら作っていくコンテンツだからです。
 
普通に読んで5時間とか10時間かかる本を、一発録音でOKになるなんてあり得ないですからね。
 
つまり、「聞く読書の本」のコストは平均して高いのです。
 
先日、ベストセラーや新刊書の類いで価格の「オーディブル」の平均値を出したら、1冊3000円くらいでした。
 
これ、オーディブル会員価格で安くなっても2100円はします。
 
そうなんです、アバウトに説明しますが、【オーディブル】なら、平均2100円する本が、1冊、1200円で買えるってことです。安っ、素敵!
 
_/_/
 
そうそう、【オーディブル】会員になってこの4ヶ月、「iBooks」や「audiobook.jp」で本を購入していないかというと、実は、しっかり買っています。
 
それは、【オーディブル】に品揃えがない場合。
 
「聞く読書」は、まだまだ黎明期。電子書籍が始まった頃、どこも品揃えは厳しかったことを覚えていませんか。
 
今の「聞く読書」の品揃えは、あの状態です。
 
今後、もっと「聞く読書」が一般化されれば品揃えも急激に改善し、【オーディブル】一択でも、十分満足できる品揃えになるでしょう。
 
それまでは、購入先を柔軟に選べばいいと思います。

アマゾンの聞く読書【オーディブル】への疑問を列挙

 
それでは、アマゾンの聞く読書【オーディブル】を始めるにあたって、あなたが疑問に思うかもしれないということにつき、Q&A形式で列挙しますね。

#01 小説には向いていない?

スキマ時間(あるいは「ながら時間」)で小説を聞いても、登場人物の感情などが自分のなかに描きにくい。だから、小説などは不向きだ…という意見がネットに散見していますが、私は、そんなことは「ない」と確信しています。
 
私は落語が大好きで、iPhoneで聞ける落語は1000席以上。「聞く読書」にハマる前は、もっぱら「落語」を聞いていました。
 
落語にはストーリーがあります。登場人物の感情を描きます。聞き手は、スキマ時間であっても、つまり、ウォーキング中、ランニング中、洗濯干し中などに落語を聴いても、しっかり物語のストーリーや登場人物の感情を描き出すことができます。
 
これ、小説を聞いても同じです。
 
私が【オーディブル】に「どハマり」したのは最初の1冊が原因。それはライトノベル小説。
 
別段、ライトノベルをバカにしているつもりは全くないのですが、それまでライトノベルなるものを読んだことも聞いたこともありませんでした。
 
【オーディブル】では、毎月、「無料で購入できる1冊」があります。それで出会ったのがこのライトノベル。
 
10km程度のランニング中に聞き始めて、もうすっかり入り込んでしまいました。
 
その日のうちに、すべて聞き終え、そうなるともう自分の気持ちを抑えきれない。
 
2冊目以降は平均2500円くらいの本なのですが、追加コインなどを活用して、瞬く間に8巻を読了。
 
実は、全20数巻の本なので、その後は、5巻分合本の電子書籍で読み続けています。
 
これリアルな体験です。ウォーキングしながらでも、ランニングしながらでも、もうワクワクを止められずに聞く読書ができるんです。
 
ちなみに、ライトノベル8巻分は、ほぼすべてトレラン中でした。木の根っこがあったり、岩があったりする足下が悪い山道を走り抜くもの。
 
相当に路面に注意しながら走らないと転んで大怪我する。そんななかでも「ライトノベルの聞く読書」でワクワクしながら聞ける…これが体験者の現実です。
 
しつこいですが、ライトノベル以外も、トレランの最中はすべて【オーディブル】。でも【オーディブル】に気を取られて転んだ…ということは皆無です。

#02 図表の多い本は向いていない?

これはその通り。中には、言葉で図表を説明する本もありますが、やはり頭には入りにくいです。
 
「聞く読書の本」を購入する前に、電子書籍のお試し版で、中身を確認しておくことをお勧めします。

#03 読む読書と比べ、聞く読書は頭に入りにくい?

前述した通り、聞く読書でも情景をリアルに頭に思い浮かべることはできます。でも、「読む読書」と比べて頭に入りやすい、つまり、記憶に定着しやすいかというと微妙です。
 
単純な繰り返しで記憶に結びつける、つまり英単語とか英単文などは向いているでしょう。一方、複雑な論理の塊を聞く読書で記憶に定着させるというのは、読書形態としては向いていないと思います。エビデンスの論文があっての発言ではなく、私の実経験からの考えです。

#04 1ヶ月に購入できるのは1冊だけ?

毎月のサブスク料金で「1個のコイン」がもらえます。この「1個のコイン」で「いくら高い本でも1冊」買えます。

ただし、サブスクでもらえるコインは月1個だけ。つまり、それで買えるのは1ヶ月1冊ということになります。

もっと、本を買いたい場合はどうするのか。方法は2つあります。

登録しているクレカを使って会員価格(通常価格の30%オフ)で買う方法。そして、コイン保有数が「0」または「1」の場合に限り買える「コイン3個セット」を3600円でゲットして、そのコインで本を購入できます。

この追加コインなら、会員価格平均2100円(私の調べです!)の本を、1200円で購入することができます。お得です。

#05 退会(解約)したら、せっかく購入した本は読めなくなる?

アマゾン【オーディブル】では、解約を「退会」と言います。もし退会しても、それまでに購入した本は、アプリなどで聞くことができます。
 
また、退会せずに、一定期間休む、つまりサブスクの支払いを一時ストップするという「休会」制度もあります。適宜、あなたにあったやり方を選択していただければと思います。

#06 無料お試しって、本当に無料?

聞く読書「オーディブル」の無料お試し期間は通常1ヶ月。

「本をコイン以外で購入したり、追加コインを購入したり」ということをしない限り、そして、お試し期間である「1ヶ月以内で解約」すれば無料です。

ここで注意すべきことは「1ヶ月」の捉え方。「1ヶ月=30日間」。

31日目での解約はアウト。31日目にサブスク料金が掛かってしまいます。

ちなみに、次回の請求日は「アカウント」から確認できます。

なお、「1ヶ月の無料お試し」ですが、ときどき「2ヶ月の無料お試し」みたいにお得なキャンペーンもやっています。

この場合も、恐らく同じ考えです。実は、詳細については自信がないのですが、確実なのは「無料お試し」をスタートさせたら、すぐに「アカウント」から「次の請求日」を確認することです。

#07 ゲットしたコインに使用期限はあるの?

サブスク料金で毎月1個もらえるコインや、追加購入したコインには使用期限があります。

それはゲットした月を含み6ヶ月以内。この使用期限内で、コインを翌月に持ち越すことができます。

なお、退会時には、持っているコインは精算されません。ですから、全部使い切ってしまいましょう。

まとめ〜アマゾンの聞く読書【オーディブル】はおすすめ!

オーディブルお薦め理由3つ
※画像はCanvaで作成
この記事のサマリ
  • アマゾン聞く読書「オーディブル」は読書の幅を広げる
  • 「オーディブル」をすすめる3つの理由を説明
  • 「オーディブル」に対する疑問を解消

アマゾン聞く読書「オーディブル」はおすすめです。

おすすめする理由は3つ。

  • 理由1「スキマ時間を有効活用して効率的」
  • 理由2「いろいろな媒体を活用して効率的」
  • 理由3「1冊当たり平均価格は最安値かも」

そして、これらの3つの理由を、実体験に基づいて説明しました。

ラストに、もうひとつ意見を。

読書は「紙の本の読書」「電子書籍の読書」「聞く読書」があります。でも、三者一択で「どれが一番いいか」などと考える必要はありません。

柔軟に、そのときどきで選べばいいと思います。

繰り返しますが、楽しく読書をする、それが一番。

そういう視点では、「聞く読書」は、これから益々ニーズが高まるし、品揃えも充実していくことでしょう。

現在、「聞く読書の本」を私たちが活用するにあたってアマゾン【オーディブル】は素敵な選択肢の1つです。

_/_/

オーディブルについて、より詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ。
  ↓ ↓ ↓ ↓

Audible(オーディブル)
<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる