Apple TV(第2世代)でiTunesサインインが出来ない問題〜Appleサポートで解決♪

Apple TVがぁ
<スポンサーリンク>

ブログ管理人「ShiGe☆」(しげ)です。

Apple TV(第2世代)の設定で「iTunesサインインが出来ない」という問題が発生。その解決方法などを備忘録として書いておきます。

目次

Apple TV(第2世代)で問題発生!?

 私の家では、3台のTVにそれぞれ「Fire TV Stick」を装着して「動画配信サービス」を楽しんでいます。

3台のうちの1台には、さらに「Apple TV」もつけています。今回の記事は、この「Apple TV」の話。

この「Apple TV」は第2世代の古い製品。実は、ほぼ使っていません。

先日、たまたま「久しぶりにApple TVで見よう」と思い、操作したら問題発生。

問題状況は「サインインできない」、つまり、見ることができないというもの。

_/_/

しばらく使っていないので、「Apple TV」の使い方は、ほぼ忘れてしまいました。

「Apple TV」では2つのサインインを設定&登録する必要があることを改めて知りました(笑)。

  1. iCloudのサインイン
  2. iTunesのサインイン

実はこの2つ、同じIDとパスワードを使用します。いわゆるApple IDというものです。

[1]のiCloudサインイン設定&登録はすんなり完了。問題は[2]で起きました。

[2]で[1]と同じIDとパスワード、すなわち、Apple IDとパスワードを入力しても「パスワードが間違っている」となってしまいます。何度トライしてもダメなのです。

そこで迷うことなくAppleユーザーの奥の手を使いました♪

Apple製品の問題解決「黄金律」!?

Appleユーザーの奥の手、くどいですけど言い換えます。Apple製品の問題解決「黄金律」の登場です。
 
パソコンやスマホ、あるいはその周辺機器に問題が発生したとき、Appleならではの安心体制、それが…

「Appleサポート」
 
Apple Webページの「Appleサポート」からスタート。発生している問題を入力。そして、「電話での問い合わせ」を選択し、電話をもらう日時を入力して予約完了。
 
あとは、電話が来るのを待つだけです。たとえば、本件の場合、朝8時頃、そのサポートブログにて問い合わせの予約し、一番早い時間帯として表示された「9:15」を選択。その時間を待ちました。実際には、予約時間帯+数分で、Appleサポート担当者から電話がありました。
 
「Appleの電話サポート」を使った方はご存じだと思いますが、しっかり問題が解決するまでサポートしていただけます♪

  • リアルタイムなサポート体制になっている昼間は、このような予約ではなく、「予約して十数秒くらいで電話がかかってくる」体制になっています。例えば、朝4時にサポートを使いたいとなると、リアルタイムに稼働していないのでしょう、「予約する」という形になります。
<スポンサーリンク>

問題の原因を特定、これだぁ!

このときの問題「Apple TV(第2世代)でiTunesサインインができない」について、「Appleサポート」担当者とやりとりをして、20分くらいで解決できました。
 
問題の原因は次の通りです。
 
大切なIDとパスワードを守るための高度なセキュリティの仕組み「2段階認証」が原因で、サインインができなかったのです。これはどういうことかというと…。
 
単純な話なんです。私の「Apple TV」は第2世代で2010年発売モデル。その頃には「2段階認証」という安全管理上の仕組みがなかった。

そして、この第2世代「Apple TV」は「2段階認証」に対応していない…。

もう少し説明しますね。
 
私は、Apple製品をたくさん所有しています。

デスクトップのiMac、スマホiPhone、タブレットiPad、Apple TV等々。

これらはすべてApple IDを登録して連携しています。

言い換えると、Apple製品の良いところは、Apple IDひとつを設定すれば、多くの設定がそれだけで済んでしまい、それぞれのデバイス間の連携もとれる。

この利便性の安全性を担保するために、Apple IDを厳重に守る仕組みとして「2段階認証」が採用されたのですね。

私も当然、Apple IDを使うにあたってはセキュリティを強化するために「2段階認証」を選択しています。

しかし、これによって、「Apple TV」第2世代のiTunesサインインに障害が発生。
 
結果、iCloud設定ではサインインできるものの、iTunes設定ではサインインでひっかかり「パスワードが違う」となってしまったわけです。 

問題の具体的な解決方法を解説♪

「Apple電話サポート」で明らかになった、この問題の解決法法は次の通りです。
 
要するに、Apple TV(第2世代)でiTunes設定するときだけ、一時的にApple IDの「2段階認証」をオフにして作業すればいいのです。
 
【問題解決ステップ】

  1. Apple IDの2段階認証を解除する
  2. Apple TVのiTunesサインインを完了させる
  3. Apple IDの2段階認証を有効にする
  4. 各デバイスでiCloudパスワードの再入力をする

特記事項ですが、この[1]では、3つの秘密の言葉を新しく設定することが求められます。それは必ずメモをしておきましょう。

「2段階認証」が解除状態ならば、[2]のサインインはすんなりいきます。

そして、[4]のプロセスでは、「Apple TV」以外のすべてのデバイス〜パソコン、スマホ、タブレットなど〜で、Apple IDのパスワード再入力が求められ、その際に、設定していようとしているデバイス以外に送信されたパスコード入力が必要になります。これが「2段階認証」というわけです。

まとめ〜Appleは凄い!?

Apple TVがぁ
※画像はCanvaで自作

今回は、「Apple TV」(第2世代)で、iTunesのサインイン設定ができないということを扱いました。

「Apple TV」の世代が古く、現状のセキュリティレベル「2段階認証」に対応していないこが原因でした。
 
原因が分かってしまえば「なるほど」なのですが、とうてい、一人では思いつかないし、解決できない問題です。

そういうときに、Apple製品なら、直接電話でやりとりをして、とことん解決することができます。
 
私はApple歴が長く、電話サポートも数え切れないくらい活用してきました。

問題が解決して電話を切るとき、いつも思うのです。

Appleユーザーで良かった♪

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる