【GoodNotes】般若心経の読経&「写経のIT化」はボケ防止に効果絶大!?

ネコ
<スポンサーリンク>
この記事のサマリ
  • 読経&写経のセットでボケ防止?
  • 「写経IT化」でいつでもどこでも写経実践?
  • 「写経IT化」の発展系は?

サイト管理人「ShiGe☆」(しげ)です。以下、「私」と記します。

_/_/

本記事は、私が運営している別ブログから、2020年5月27日、当ブログに移動。移動元の記事は削除しました。

なお、元記事のタイトルは変えましたが、それ以外は、ほぼほぼ「ノーリライト」。

また、元記事は2018年頃に公開。ということもあり、本記事で扱っているノートアプリ GoodNotesはVersion4です。

現在のGoodNotesはVersion5。

なので【GoodNotes5 + iPad】による般若心経写経IT化記事も別記書きました。こちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
【GoodNote5 + iPad mini 5 + Apple Pencil】般若心経の写経について♪

目次

般若心経でボケ防止!?

般若心経2
※画像出典:ぱくたそ

少し前くらいから、物忘れが多くなり、このままボケちゃうぞ!と恐れていました(笑)。
 
ここ何回かの人間ドックでは、「物忘れが多い」と事前申告するも、医者から特段のコメントは、なし。しかし「物忘れ」の頻度と内容が年々悪化しているとの感が強くなってきた。
 
そんなこんながあって、「もう少し頭を使おうぜ」…ということで、数年振りに「写経」を始めました。写経するのは般若心経です。
 
実は以前、A4版のノートに万年筆で写経していました。いつのまにか4冊までいったのですが、そこで終了していたのです。

写経
※キャンパスノートで写経

写経を「IT化」しちゃったぞ!?

般若心経
※iPadのノートアプリを写メ

今回記事にしている「写経」ですが、「iPad Pro 12インチ+アップルペンシル+メモアプリ」でやっています。
 
メモのアプリは「GoodNotes」(version4)という有料アプリ(¥960-)。
 
私は、「GoodNotes」のiPad版、iPhone版、Mac版をすべてダウンロードして、全媒体間でデータを共有して使えるようにしています。
 
そして、この「IT化」した写経、これがとっても、やる気がでるんです。
 
iPad Proは2016年に購入。当時、アップルペンシルは「手書きはしないし、自分には関係ない」と購入しませんでした。
 
それが、ひょんなことからペンシルに興味を持ち、急遽購入。で使ってみたら、「なんでもっと早く使わなかったんだ」と大反省。
 
そして、「ボケ防止には字を手書きすることが効果ありそうだ」との実感を持ちました。さらに、大きなタブレットiPad Proを十二分に活かすにはアップルペンシルは必須だということも実感しました。
 
ただし、アップルペンシルは「Pro」以外のiPadやiPhoneでは使えないので、そのあたりは要注意です(追記:最新版のiPadは「Pro」でなくてもペンシルが使えます)。

無宗教の若者、勢いで般若心経を覚える!?

昔話です。ちょうど生意気盛りな社会人5年生くらいの頃。
 
風変わりな上司がいて、その人が「俺、運転しながら般若心経唱えてるんだぜ」と妙な自慢をし始めたのです。
 
それに対し、何故か「クソッ」と思った私は、その上司に当てつけるように般若心経を丸覚えしました。
 
「俺にだって簡単にできるぞ!」…って。
 
それから30数年。「生まれて以来、ずっと無宗教な私」は、「般若心経」だけは空で唱えることができるようになっています。
 
もう何万回か数え切れないほどにたくさん唱えていますから、意識しなくても口から出てきます。
 
般若心経の意味については、ときどきいろいろな「般若心経本」を読んでいるので、ほぼほぼ頭に入っています。
 
そんなこんながあって、今から20年前くらいでしょうか、写経を始めたんです。通勤電車内で、A6版の小さなノートにボールペンで毎日書いていました。

<スポンサーリンク>

般若心経で何か変わった?

正直なところ、変化の実感は「ない」です。
 
数年前、NHKで放送があった「100分de名著、般若心経」は勉強になりました。その頃、山田無文氏の『般若心経』や『自己を見つめる』などを読んで、般若心経への理解は、さらに深まったと思っています。
 
それでも、般若心経で何かが変わったとも思えないのです…。
 
般若心経を読経したり、写経したりすると落ち着くので、やはりそれなりの効果はあるのかもしれません。

写経「IT化」の発展…

写経「IT化」は、繰り返しますが、次のツール群で実現しています。

iPad Pro 12インチ + Apple Pencil + メモアプリ

で実現しています。

そして、この組み合わせで写経していると頗るやりやすいし、やる気が出ることからインスパイアされて、上記「IT化セット」で電子本を取り込んで、自由に書き込みができるような形も導入しました。

「紙の本」と「電子本」の違いは、読んで思ったこと、考えたことを、手早くメモすることがでるか否か、そして、その書いたメモを容易に一覧できるか否かです。

そんなこんなで、前述の「IT化ツール群」を使えば、頭を使いながら電子本でも手書きできるので、ボケ防止に大いに役立つと実感しています。

電子本をリアル本のように使い回す(IT化する)やり方の最新版は、こちらの記事にしています。
↓ ↓ ↓ ↓
【最新版】GoodNotes+Apple Pencilで電子書籍を使い倒すという荒技について(パート2)

まとめ

ネコ
※画像出典:ぱくたそ
この記事のサマリ
  • 読経&写経のセットでボケ防止?
  • 「写経IT化」でいつでもどこでも写経実践?
  • 「写経IT化」の発展系は?

ボケ防止目的で、読経&写経するなんてバチ当たりだぞ…と叱れそうですが、やらないよりやったほうがいっしょ…ということで記事を書きました(笑)。

読経&写経の肝は習慣化。そして、習慣化を下支えするのが、今回お示しした「写経IT化」です。

また、この「写経IT化」のツール群は、電子書籍を「紙の本」のように使いまくることにも発展的に使えるのです。

まずは…お試しください♪

ボケ防止に実際効果的なのかどうかについては、私自ら継続して検証してみます。

追記

繰り返しですが…
この記事は私が所有する他のブログにてアップしていた記事を、ほぼ「ノーリライト」でここに移動掲載しました。
 
元記事のほうは、記事移動に伴い削除しました。

なお、アイキャッチの猫画像ですが、「般若っぽい顔をした猫」を使ってみました♪
 

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる