大相撲の記事を復活します♪

照ノ富士!目指せ横綱〜前相撲から最新場所まで全取組結果〜劇的復活の軌跡

照ノ富士〜全戦績
<スポンサーリンク>

ブログ管理人「ShiGe☆」(しげ)です。

当記事は、2021年5月16日(日)に更新・追記しています。

5月16日現在、大相撲5月場所が両国国技館で行われています。

中日(8日目)が終わって、全勝は大関・照ノ富士ただ1人。追う次点も1敗の大関・貴景勝ただ1人。

実は、照ノ富士は、早くも4日目から単独トップ状態です。

つまり、せっかく4大関体制になったのに、しかも、横綱不在(白鵬休場)な場所なのに、照ノ富士以外の3大関が不甲斐ない。特に、大関・正代、大関・朝乃山。

この4大関について、芝田山親方(元横綱・大乃国)がインタビューで次のように語っています。

――照ノ富士関とほかの3大関には、どんな違いが見られますか。

「照ノ富士は、大関からさらに次の席に飛躍しようという心境であり、自分の言葉でもそう宣言しています。でも、ほかの3人の大関は、いまの自分の席をいかに守るかという感覚しかない。その違いが出ています。相撲内容は、照ノ富士だって、すべての取組で得意の右四つになれているわけではないけれど、相撲に力強さがあります。それと、相手が誰であっても、腰が引けるような取り口ではありません。まだまだ優勝戦線はこれからなので、ほかの3人はここからどう巻き返していくかが重要です

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukasaki/20210514-00237739/

さて、このような状況の下、光明も見えてきました。つまり、先場所(2021年3月場所)に続き、照ノ富士の優勝。

それが実現されれば、横綱・白鵬が出場するであろう7月場所において、照ノ富士が連続優勝することで、9月場所には「横綱・照ノ富士」の誕生です。

そして、この流れに<悔しさを爆発させることができれば>、横綱・貴景勝も実現するかもしれません。

_/_/

このようなことから、奇跡の復活を遂げた照ノ富士の戦いの記録を公開します。

目次

照ノ富士暗転、きっかけは…

2011年5月場所の前相撲で大相撲人生をスタートさせた照ノ富士(当時の四股名は若三勝)。

2013年9月場所に十両昇進、そして、2014年3月場所に新入幕。

2015年3月場所に初三役として関脇昇進。その場所で、13勝2敗の好成績。これは14勝1敗で優勝した横綱・白鵬に次ぐ戦績。

そして、翌場所、横綱・白鵬、日馬富士を凌ぎ、12勝3敗で初優勝。このときの照ノ富士を見て、多くの相撲ファンがこう考えたことでしょう。

「取り口に多少強引なところがあるものの、輝御藤が早晩、横綱に駆け上がるのは間違いない」と。

優勝の翌場所、2015年7月場所には大関昇進となり、11勝4敗。翌9月場所も12勝3敗と好成績でした。

実は、初日から11連勝をしていた2015年9月場所に、その後の転落の種があったのです…。

2015年9月13日目、対・稀勢の里戦

2015年9月場所は、横綱・白鵬が怪我のため、早々に休場。そんななか、大関2場所目の照ノ富士は、初日から11連勝と絶好調。
 
ファンは早くも、照ノ富士の2回目の優勝、そして、横綱昇進を夢見ていたのです。しかし…。
 
12日目、対・栃煌山戦に負け、翌・13日目、大関・稀勢の里にも負けて、連敗。
 
しかも…
 
稀勢の里に負けたとき、「右膝の前十字靱帯損傷・外側半月板損傷などで1か月の加療を要する」と診断されるほどの大怪我を負ってしまったのです。
 
このとき痛めた右膝がもとで、照ノ富士から、「素人目にも明らかな圧倒的な強さ」が消え失せます。
 
そして、右膝は癒えることなく悪化し、2017年11月には大関陥落。2018年年3月場所では十両陥落。
 
その後、4場所連続の全休を経て、2019年3月場所には、西序二段48という番付まで落ちてしまいます…。

大相撲ファンの多くは、十両陥落の時点以前から「照ノ富士の大相撲人生は終わった」と感じていたことでしょう。

陥落、そして復活

2017年11月に大関から関脇となった照ノ富士、2018年7月場所には幕下まで陥落。膝の怪我と2型糖尿病と闘っていた照ノ富士は、同年7月場所を含め4連続の休場。

闘える体調に戻り、再始動した2019年3月場所、リスタートの番付は「西序二段48枚目」。ここから「今のような大関復活&再度横綱を狙える勢い」までになると考えていた大相撲ファン&大相撲関係者は「本人と親方以外はゼロ」だったのでは…。

以下、奇跡の大復活を果たし、そして、次世代を担う横綱も待望される逸材、逸ノ城に全戦績を俯瞰してみましょう。

<スポンサーリンク>

前相撲から直近場所まで全戦績

2011年5月場所・前相撲から、2021年3月場所・2度目の幕内優勝までの場所毎の戦績を俯瞰して見ましょう。これです。

なお、下記表「照ノ富士、年ごとに見る取組結果」の「場所」のところにはリンクを貼っています。クリックすると、それぞれの場所の全日の戦績(決まり手、対戦相手など)部分に飛びます。

照ノ富士、年ごとに見る取組結果
<2011年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
5月場所前相撲
7月場所東序ノ口35-2
9月場所西序二段596-1
11月場所東三段目937-0
<2012年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東幕下565-2
3月場所西幕下395-2
5月場所西幕下275-2
7月場所東幕下153-4
9月場所西幕下212-5
11月場所西幕下374-3
<2013年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西幕下315-2
3月場所西幕下205-2
5月場所西幕下106-1
7月場所東幕下46-1
9月場所西十両1112-3優勝
11月場所東十両38-7
<2014年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西十両112-3
3月場所西前頭108-7
5月場所東前頭99-6
7月場所東前頭69-6
9月場所東前頭16-9
11月場所西前頭38-7
<2015年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東前頭28-7
3月場所東関脇13-2
5月場所東関脇12-3幕内初優勝
7月場所西大関211-4
9月場所東大関112-3
11月場所東大関19-6
<2016年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西大関13-3-9
3月場所西大関28-7
5月場所西大関22-13
7月場所西大関28-7
9終場所西大関14-11
11月場所西大関28-7
<2017年>
初場所東大関2
3月場所西大関1
5月場所東大関1
7月場所東大関1
9終場所東大関2
11月場所東関脇2
<2018年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東前頭100-8-7
3月場所西十両56-9
5月場所東十両80-9-6
7月場所東幕下60-0-7休場
9終場所東幕下470-0-7休場
11月場所西三段目270-0-7休場
<2019年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西三段目880-0-7休場
3月場所西序二段487-0
5月場所東三段目496-1
7月場所東幕下596-1
9月場所東幕下276-1
11月場所西幕下107-0優勝
<2020年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西十両1313-2優勝
3月場所東十両310-5
5月場所開催中止中止
7月場所東前頭1712-3幕内優勝(2度目)
9月場所東前頭18-5-2
11月場所東小結13-2
<2021年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
1月場所東小結13-2
3月場所東関脇12-3幕内優勝(3度目)

場所ごとの対戦詳細

次に、場所ごとの対戦詳細を見てみましょう。
 
以下の表をスマホで見るとき、スマホを横にすると文字が大きくなり、見やすくなります。
 
 
201105t

 
 
201107t

 
 
201109t

 
 
201111t

 
 
201201t

 
 
201203t

 
 
201205t

 
 
201207t

 
 
201209t

 
 
201211t

 
 
201301t

 
 
201303t

 
 
201305t

 
 
201307t

 
 
201309t

 
 
201311t

 
 
201401t

 
 
201403t

 
 
201405t

 
 
201407t

 
 
201409t

 
 
201411t

 
 
201501t

 
 
201503t

 
 
201505t

 
 
201507t

 
 
201509t

 
 
201511t

 
 
201601t

 
 
201603t

 
 
201605t

 
 
201607t

 
 
201609t

 
 
201611t

 
 
201701t

 
 
201703t

 
 
201705t

 
 
201707t

 
 
201709t

 
 
201711t

 
 
201801t

 
 
201803t

 
 
201805t

 
 
201807t

 
 
201903t

 
 
201905t

 
 
201907t

 
 
201909t

 
 
201911t

 
 
202001t

 
 
202003t

 
 
202005t

 
 
202007t

 
 
202009t

 
 
202011t

 
 
202101t

 
 
202103t
 
 

照ノ富士の今後の活躍について

2020年7月場所の復活優勝は、ある意味、「ラッキーだった」と言えるのかもしれません。
 
7月場所は…
 
怪我は全快していない(もともと膝は全快しないのかもしれません)にも関わらず、照ノ富士が怪我をケアしながらやれば、幕内平幕下位よりは断然強いということを証明したわけです。
 
照ノ富士は12日目までは、平幕中位以下の取組ばかりでした。
 
照ノ富士が優勝に関わるということが濃厚になった、13日目以降、ようやく優勝が絡む力士との対戦が組まれたわけです。
 
なので、言い方は適切ではないかもしれませんが、「12日目までは、比較的容易に白星を重ねることができた」のです。
 
さて、ラストの3日間。
 
照ノ富士は、朝乃山、御嶽海に圧勝しています。これは、いまでも上位に太刀打ちする力があるということです。
 
ただし、膝という爆弾を抱えているので、それを考慮すると、もとの大関までに復活して活躍…というのは難しいかもしれません…と私は2020年7月場所が終わったとき考えました。しかし…

2015年のときの初優勝のときと、2017年の2度目のときでは、照ノ富士の心境がまるで違ったようです。

力任せではない「うまい相撲」が備わったのです。

なので、2021年3月の3度目の優勝は、フロックではなく、照ノ富士の実力がそのまま出たもの。

そして、「序二段から必ず大関に復活する」という思いを実現した今、照ノ富士の照準は「さらに上」を目指していることは間違いありません。

初優勝時よりも格段に澄み切ったような心持ちで…。

まとめ

照ノ富士〜全戦績

大関・照ノ富士の軌跡の復活劇と全戦績についてお伝えしました。

_/_/

どん底まで突き落とされた(?)男が、コツコツと努力を重ね、信じられないような復活劇を成し遂げ、さらなる上昇を目指す。

相撲ファンだけでなく、多くの人々に照ノ富士の復活劇は勇気を与えてくれるものとなりました。

そして、いま、頂点を目指し奮闘している姿にも、私たちは感動を覚えます。

次世代の大相撲を担う人材として、活躍を期待しています。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる