Macユーザー青色申告最強ソフト!?

劇的復活・照ノ富士の軌跡〜前相撲から最新場所までの取組結果について

大相撲

 
 
 照ノ富士の戦績を振り返ります。  
 
_/_/
 
2011年5月場所の前相撲で大相撲人生をスタートさせた照ノ富士(当時の四股名は若三勝)。
 
2013年9月場所に十両昇進、そして、2014年3月場所に新入幕。
 
2015年3月場所に初三役として関脇昇進。その場所で、13勝2敗の好成績。これは14勝1敗で優勝した横綱・白鵬に次ぐ白星。
 
そして、翌場所、横綱・白鵬、日馬富士を凌ぎ、12勝3敗で初優勝。このときの照ノ富士を見て、多くの相撲ファンがこう考えたことでしょう。
 
 「取り口に多少強引なところがあるものの、照ノ富士が早晩、横綱に駆け上がるのは間違いない」と。  
 
優勝の翌場所、2015年7月場所には大関昇進となり、11勝4敗、9月場所も12勝3敗と好成績だったが…。
 
実は、初日から11連勝をしていた2015年9月場所に転落の種があったのです…。
 
 

2015年9月13日目、対・稀勢の里戦が転落の基点!?

 
横綱・白鵬が怪我のため、早々に休場。そんななか、大関2場所目の照ノ富士は、初日から11連勝。
 
ファンは早くも、照ノ富士の2回目の優勝、そして、横綱昇進を夢見ていたのです。しかし…。
 
12日目、対・栃煌山戦に負け、翌・13日目、大関・稀勢の里に連敗を喫してしまいます。
 
しかも…
 
稀勢の里に負けたとき、「右膝の前十字靱帯損傷・外側半月板損傷などで1か月の加療を要する」と診断されるほどの大怪我を負ってしまったのです。
 
このとき痛めた右膝がもとで、照ノ富士から、それまで見えてきた「圧倒的な強さ」が消え失せます。
 
そして、右膝は言えることなく悪化し、2017年11月には大関陥落。2018年3月場所では十両陥落。
 
その後、4場所連続の全休を経て、2019年3月場所には、西序二段48という番付まで落ちてしまいます…。
 
 

前相撲から直近場所まで戦績を俯瞰

 
2011年5月場所の前相撲から、2020年7月場所の2度目の幕内優勝までの戦績を俯瞰して見ましょう。これです。
 

照ノ富士、年ごとに見る取組結果
<2011年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
5月場所前相撲
7月場所東序ノ口35-2
9月場所西序二段596-1
11月場所東三段目937-0
<2012年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東幕下565-2
3月場所西幕下395-2
5月場所西幕下275-2
7月場所東幕下153-4
9月場所西幕下212-5
11月場所西幕下374-3
<2013年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西幕下315-2
3月場所西幕下205-2
5月場所西幕下106-1
7月場所東幕下46-1
9月場所西十両1112-3優勝
11月場所東十両38-7
<2014年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西十両112-3
3月場所西前頭108-7
5月場所東前頭99-6
7月場所東前頭69-6
9月場所東前頭16-9
11月場所西前頭38-7
<2015年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東前頭28-7
3月場所東関脇13-2
5月場所東関脇12-3幕内初優勝
7月場所西大関211-4
9月場所東大関112-3
11月場所東大関19-6
<2016年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西大関13-3-9
3月場所西大関28-7
5月場所西大関22-13
7月場所西大関28-7
9終場所西大関14-11
11月場所西大関28-7
<2017年>
初場所東大関2
3月場所西大関1
5月場所東大関1
7月場所東大関1
9終場所東大関2
11月場所東関脇2
<2018年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所東前頭100-8-7
3月場所西十両56-9
5月場所東十両80-9-6
7月場所東幕下60-0-7休場
9終場所東幕下470-0-7休場
11月場所西三段目270-0-7休場
<2019年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西三段目880-0-7休場
3月場所西序二段487-0
5月場所東三段目496-1
7月場所東幕下596-1
9月場所東幕下276-1
11月場所西幕下107-0優勝
<2020年>
場 所番 付勝-敗-休摘 要
初場所西十両1313-2優勝
3月場所東十両310-5
5月場所開催中止中止
7月場所東前頭1712-3幕内優勝(2度目)
 
 

場所ごとの対戦詳細

 
次に、場所ごとの対戦詳細を見てみましょう。
 
以下の表をスマホで見るとき、スマホを横にすると文字が大きくなり、見やすくなります。

 
 
201105t

 
 
201107t

 
 
201109t

 
 
201111t

 
 
201201t

 
 
201203t

 
 
201205t

 
 
201207t

 
 
201209t

 
 
201211t

 
 
201301t

 
 
201303t

 
 
201305t

 
 
201307t

 
 
201309t

 
 
201311t

 
 
201401t

 
 
201403t

 
 
201405t

 
 
201407t

 
 
201409t

 
 
201411t

 
 
201501t

 
 
201503t

 
 
201505t

 
 
201507t

 
 
201509t

 
 
201511t

 
 
201601t

 
 
201603t

 
 
201605t

 
 
201607t

 
 
201609t

 
 
201611t

 
 
201701t

 
 
201703t

 
 
201705t

 
 
201707t

 
 
201709t

 
 
201711t

 
 
201801t

 
 
201803t

 
 
201805t

 
 
201807t

 
 
201903t

 
 
201905t

 
 
201907t

 
 
201909t

 
 
201911t

 
 
202001t

 
 
202003t

 
 
202005t

 
 
202007t
 
 

照ノ富士の今後の活躍について

 
2020年7月場所の復活優勝は、ある意味、「ラッキーだった」と言えるのかもしれません。
 
7月場所は…
 
怪我は全快していない(もともと膝は全快しないのかもしれません)にも関わらず、照ノ富士が怪我をケアしながらやれば、幕内平幕下位よりは断然強いということを証明したわけです。
 
照ノ富士は12日目までは、平幕中位以下の取組ばかりでした。
 
照ノ富士が優勝に関わるということが濃厚になった、13日目以降、ようやく優勝が絡む力士との対戦が組まれたわけです。
 
なので、言い方は適切ではないかもしれませんが、「12日目までは、比較的容易に白星を重ねることができた」のです。
 
さて、ラストの3日間。
 
照ノ富士は、朝乃山、御嶽海に圧勝しています。これは、いまでも上位に太刀打ちする力があるということです。
 
ただし、膝という爆弾を抱えているので、それを考慮すると、もとの大関までに復活して活躍…というのは難しいかもしれません。
 
いずれにしても、来場所、前頭2〜3枚目になるであろう、つまり、上位戦が必須となる番付となるわけですから、来場所の戦いこそが真価を問われることになります。
 
来場所、膝をケアしながらでも勝ち越せば、三役復帰(小結、関脇)での活躍は可能だと考えます。
 
なお、9月場所の幕内番付予想については、こちらの記事をどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓
大相撲 大相撲2020年9月場所、幕内番付予想(たもつ版)  
 

まとめ

 
大相撲
※Image quote source is pixabay.
 
 
 今回は、照ノ富士の2回目の幕内優勝を祝い、過去の戦績を調べてみました。1場所1場所の詳細を見ていくと、とくに、大関昇進以降の「言葉では表せない照ノ富士の苦労・努力」が垣間見られるような気がしています。  
 
どん底まで突き落とされた(?)男が、コツコツと努力を重ね、燦然と復活。
 
照ノ富士の2回目の幕内優勝は、苦節を味わっている人々の希望となったかもしれません。
 
そういう意味では、今後ますますの照ノ富士の活躍を望んでいます。
 
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 本記事執筆者:たもつ
 最終更新日時:2020-08-04 06:05:05 
 記事投稿日時:2020-08-04 06:03:22 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

error: Content is protected !!