Macユーザー青色申告最強ソフト!?

【最新版】GoodNotes+Apple Pencilで電子書籍を使い倒すという荒技について(^_^;)

電子書籍使い倒し最新版

 
 

この記事で実現できること
リアルな紙の本に、メモ書きする、マーカーを引く、ページを折るなど、汚しまくりながら読む方へ朗報です。
 
 「リアルな紙の本のように電子書籍を読みまくる!」  
 
それが、GoodNotes+iPad+Pencilで実現できます♪♪
 
お知らせ
 
2020年5月27日に、以前の本記事を全面書きかえし、最新版(つまりパート2)としました。
 

  • GoodNotesをver4から最新のver5にして、操作などを検証済み。
  • 「電子書籍を使い倒す」方法を、より具体的に、わかりやすく全面書き直し。

 
なお、以前の「全面書きかえ前の記事」は、こちらの記事で見られるようにしています。
↓ ↓ ↓ ↓
【旧版】GoodNotesとApple Pencilで電子書籍を使い倒す〜その1

 
 
 

この記事で、何を目指しているのか…

 
goal
※Image quote source is pixabay.
 
 
「GoodNotesとApple Pencilで電子書籍を使い倒し」という記事では、次のことを目指しています。
 

目指していること
 
(紙の)本を読むとき、メモ書きや蛍光ペン塗り、あるいはページ折りなど全くせずに「綺麗に読む」方がいます。
 
それはそれでその方のお作法ですからいいです。
 
一方、私は購入した本は、気づいたことは余白にドンドン書くし、蛍光ペンや赤や青のボールペンで線引きしまくるし、ページもガンガン折りまくります。いわゆるドッグイヤーですね。
 
要するに、自分で購入した本は、汚しまくって自分のものにする。
 
購入したのに、数ページ読んだだけで「読む気が失せ、綺麗なまま積ん読」の本もありますが…。
 
さて、もう随分前から、購入する本の大多数が電子書籍になりました。残念ながら、電子書籍のビューワー、たとえばKindleなどでは、紙の本のような汚しながら読むということができません。
 
 紙の本と同じように、本にメモ書きや線引きまくりながら、あるいはドッグイヤーつけまくりながら読みたい。  
 
これが私が「電子書籍の読書で目指していること」です。
 
明らかなことは、既存のビューワー(KindleやiBook)ではそれができません。
 
 

どうやって実現するのか…

 
how to
※Image quote source is pixabay.
 
 
次のことで、これを実現します。
 

  1. 自分で購入した電子書籍を全ページPDF化する。
  2. iPadにPDFが読めて書き込みができる、かつ、MacやiPhoneとも同期できるノートアプリを導入する。
  3. 紙の本のように、汚しながら読みまくる!
 
 

購入電子書籍のPDF化

 
book to pdf
※This image is self-made using Canva
 
 
これ以前は、フリーソフトやサードパーティーソフトで権利関係の鍵となるものを解除して、PDF化するという方法がとれました。
 
しかし、いまは結論からいうと、アプリを使って自動的にそれをやるのはムリです。
 
ネットで例えば「Kindle PDF化」などとすると、該当記事がたくさん出てきますが、どれも古くて、実態は「出来ないことばかり」です。
 
ほぼほぼ、片っ端から試してみましたから、これは断言できます。
 
要するに、Amazomもバカじゃない、どんどん「自動でPDF化」などできないようにしているのです。当たり前っちゃ、当たり前のことです。
 
 

クラウドの導入

 
cloud
※Image quote source is pixabay.
 
 
これから説明するやり方でPDF化したら、そのファイルは自分が後々「まっさらな形からもう一度読みまくる」ことを想定して、クラウドに「PDF」というようなフォルダを作ってストックしておきます。
 
これ重要なことですが…
 
 以下で説明するPDF化は、自分が後々使うためのもの。人に頼まれてPDF化をしてあげたり、PDF化した書籍を配布したりすることは絶対にダメです。  
 
 

今回使うノートアプリはGoodNotes5(最新版)

 
GoodNotes5
※画像出典:App Store
 
 
今回使うノートアプリは、GoodNotes5(最新版)です。確か税込み980円の有料アプリ。
 
このノートアプリの特徴は…
 

  • iPadでは「神アプリ」だという人もいるくらい、超定番と言われているノートアプリ。iPad+Pencilで手書きが簡単。
  • iPad用、iPhone用、Mac用があり、すべて同期して使える。
  • GoodNotes5はユニバーサル購入対応で、iPod版・iPhone版・Mac版のいずれかを買えば、他のものは追加コストなしでダウンロート&インストールできる。
 
iPhoneやMacでも使えるのですが、今の所、Pencilが使えるのはiPadだけですから、GoodNotesを100%活かせるのはiPadです。
 
 

GoodNotes+Apple Pencilで電子書籍使い倒しの運用方法

 
goodnotes5-具体例
※画像の原本は、『断糖のすすめ』(西脇俊二氏/アプリはGoodNotes)
 
 
ここでAppel Pencilと書きましたが、筆圧感応はないですけど、サードパーティー製のPencilでも使えます。
 

電子書籍使い倒し実践に使うもの

 
今回の「電子書籍使い倒し」には次のものを使います。
 

  • Mac(iMacやMacBookなど)
  • iPad(iPad miniなど)
  • Kindle(Amazon電子書籍ビューアー)
  • あなたがAmazonで購入したKindle書籍
  • GoodNotes(ver5-ノートアプリ)
  • Finder(macOSの純正アプリ)
  • 写真(macOSの純正アプリ)
  • Cloudサービス(Dropboxなど)
  • Macのビューワー(macOSの純正アプリ)
 
以上は、Amazonの電子書籍Kindleを例に書いていますが、たとえばAppleのブックの場合は、読み替えてください。以下も同じです。
 
 

電子書籍使い倒しの具体的運用手順

 
手順
※Image quote source is pixabay.
 
 
以下、具体的な運用手順です。
 

  1. (iPad)「自炊2.0」がしたい書籍をiPadのKindleで表示させる。このとき、フォントサイズは自分が見やすいサイズに変えておくこと。
  2. (Mac)macOS純正アプリ「写真」を立ち上げる。
  3. (iPad)表紙からスクリーンショットを1枚ずつ撮る。このとき表紙から順番に撮ることがポイント。まれにKindleが作業途中で落ちてしまうことがある。その場合、後項[4]で同期を確認した作業中のラストページを確認し、その次のページからスクリーンショットを再開する。また、手元を見ずに「ページ送り」していると、たまに「空送り」してしまうため、ページ重複でスクショしてしまうことがある。
  4. (Mac)スクリーンショットを撮る毎に、「写真」にそれが追加されていくことを確認する。
  5. (iPad)前項[4]で同期されない場合は、iPad側で写真を立ち上げると、「アップロードを一時停止」になっているハズなので、「再開」をクリックし、同期が開始されたことを確認する。
  6. (Mac)全ページのスクリーンショットを撮り終えたら、ページの抜け落ちや重複を確認して、必要ならば修正する。
  7. (iPad)前項[6]で抜け落ちがあった場合は、再度、そのページのスクリーンショットを撮る。なお、この段階では、抜け落ち追加分の場所は、何もせずそのままとする。ただし、どこのページが抜け落ちであるかはメモしておく(覚えておく)。
  8. (Mac)前項[6]で重複があった場合は、写真からそのページを削除する。
  9. (Mac)デスクトップに一時的フォルダ(例:tmp)を作る。
  10. (Mac)写真を表紙から最終ページまでを全選択し、一時的フォルダにすべてコピペする。
  11. (Mac)写真にコピペした全ファイルを全選択し、(Windowsで言うところの)右クリックメニューを出して、「クイックアクション⇒PDFを作成」を選択。
  12. (Mac)前項[11]で作成されたPDFファイル以外の全ファイルを「ゴミ箱に入れる」で削除。
  13. (Mac)ゴミ箱を選択し、「ゴミ箱を空にする」。
  14. (Mac)前項[11]で作成されたPDFファイルをリネームする(書籍名を推奨)。前項[7]で抜け落ちを追加修正した場合は、そのページをビューワーのサムネイルを使って、場所を修正する。
  15. (Mac)新規フォルダを開くで、Dropbox(など)を開き、PDF書籍ファイルをストックする場所を作成する。
  16. (Mac)前項[9]の一時的フォルダから、前項[15]のフォルダへ、前項[14]でリネームしたPDFファイルを移動する(これで一時的フォルダは空になる)。
  17. (Mac)GoodNotesを立ち上げ、前項[14]のPDFファイルを保管したいフォルダを開き、[+]で、前項[15]のフォルダを指定して、前項[14]でリネームしたPDFファイルを読み込む。
  18. (iPad)前項[17]の作業で「同期」が終わったら、iPadのGoodNotesを立ち上げ、GoodNotesに登録したPDFファイルが表示されているかを確認。表紙が表示されていればOK、されていなくても存在がわかる場合は、同期完了を待つ。
 
あとは…
 iPadとPencilを使って、読書&自由に書き込み&マーカーなどをして紙と同じような読書をお楽しみください。  
 
私の場合、昨日…
直近1ヶ月くらいで読もうと思う電子書籍を半日くらいかけてまとめてGoodNotesに取り込みました。その際、「これから読む本」みたいなフォルダ名をつけて、そこにすべて収めました。
 
そして、読みながら、書き込み&マーカーなどし、読了したら、ジャンル毎に分けたフォルダに移動させる…というように使っていきます。
 
以上のことを、個人的には「自炊2.0」と呼んでいます。
 
かつては、紙の本を切断してバラバラにして、スキャナーでスキャンしてPDF化して、iPadなどに取り込む「自炊」を盛んにやっていました。
 
数百冊はやりました。これだと、かなり作業の手間がかかるし、スキャンした後の紙は始末しなければならないなどなど大変です。
 
「スキャナー+切断機」だけでも5万円以上かかりましたし…。
 
それが、いまなら、前述のやり方で、かなり手間がかからず出来ます。おまけに、紙というゴミも出ないし。
 
昨日は、半日程度かけて(6時間くらい?)、これから1ヶ月くらいで読もうと思っている「14冊」の「自炊2.0」を敢行しました。
 
そして、すでに、昨日と今日で、2冊読了♪
 
 

デバイス間の同期に〜GoodNotesのメリット♪

 
デバイス間 同期とは?
※This image is self-made using Canva
※使用書籍画像は、和田清香著「やせる正しいスクワット」です。
 
 
GoodNotesのスペシャルなメリットは、デバイス間の同期です。
 
 たとえば、iPadのGoodNotesで、電子書籍Aにメモ書きをすると、同期設定してあるMacやiPhoneのその電子書籍Aにも、メモ書きが同期されます。素敵過ぎる機能です。  
 
それでは、同期について説明します。
 
まずMacです。
 
Macに取り込んだPDFファイル。それはiCloudを通じて、iPadやiPhoneのGoodNotes5と同期されます。
 
つまり、MacのGoodNotesでメモを書いたり、マーカーを引いたりすると、何も気にせず、何も操作せずに、iPadやiPhoneと同期されます。
 
そもそも、MacのPDFファイルは、前述のステップ[15]で作ったPDFファイルをストックしておくクラウドのフォルダから取り込むわけです。
 
MacでGoodNotesにメモ書きなどをしても、このストックフォルダにある(取り込んだ元)ファイルには、その操作・編集は反映されません。
 
だから、元ファイルのストックとして意味があるわけです。


次に、iPadとiPhoneの同期です。
 
iPadとiPhoneの同期については、Macと同じくiCloudを通じて実行されますが、Macのように自動ではありません。
 
「iCloudを通じてGoodNotesを同期する」みたいな設定をする必要があります。
 
具体的には、iPad、iPhoneそれぞれ「設定」→「画像・名前のあるApple ID、iCloudなど」をクリック→「iCloud」→「GoodNote」をオン。
 
以上の操作で、Mac・iPad・iPhone間でGoodNotesデータは、特段の操作をすることなく同期されます。
 
 

このやり方、一番のデメリットは…

 
メリットもあれば
※This image is self-made using Canva and Pixabay Image
 
 
世の中、どんなやり方にも「メリットとデメリット」があります。
 
「GoodNotesとApple Pencilで電子書籍を使い倒す」というこのやり方。
 
メリットの第一は…
 

このやり方なら「電子書籍をPDF化できない!」という壁を乗り越えられることです。その結果、Pencilを使って、まるで紙の本のように、「手書きの書き込み」「マーカー塗り」「ページ折り(GoodNotesの「概要」機能)」をしながら読み進めることができる
 
ということです♪
 
一方、デメリットもあります。それは…
 
電子書籍にはページをジャンプする機能〜たとえば目次から該当箇所にジャンプするなど〜が使えないということ
 
です。当たり前といえば当たり前です。前述の方法で電子書籍をPDF化する際にスクショするわけで、その画像化の段階で、リンク箇所にジャンプする機能は消失してしまうからです。その後のステップでスクショした画像を一括でPDF化しますが、もう後の祭りです(笑)。
 
なお、このデメリットを補完するには、GoodNotesの「アウトライン」という機能を使って、ジャンプしたいページを指定します。すると、「アウトライン」から、その項目をクリックすることで、当該ページにジャンプするということができます。
 
分量の多い書籍などは、アウトラインで「表紙、目次、目次毎の項目、奥付」を設定しておくと便利に使えるでしょう。この設定が面倒な場合は、読みながら気になったページに「概要」をチェックしておけば、のちのち、気になったページ一覧を「概要」で示すことができます。
 
 

まとめ

 
電子書籍使い倒し最新版
※This image is self-made using Canva
 
 
この記事では、以前書いた記事の続編(詳細編)ということで…
 
GoodNotes+Apple Pencilで電子書籍を使い倒す(パート2)をお送りしました。
 
繰り返しますが…
私が前述した「14冊」は、全部、正式に入手(Amazonで買ったという意味!)。実は、1ヶ月で何冊もKindle書籍を購入しますが、そのまま「積ん読!?」するものが多いのです。
 
なので、1ヶ月に1度くらいのタイミングで「ここ1ヶ月で読もうと思う書籍」を選別しなおして、「自炊2.0」を実行。そして、読むという次第。
 
当たり前のこと、その2ですけど…
「自炊2.0」は、他人から依頼されてやってはダメです。そして、「自炊2.0」した書籍は、自分が読むだけのために使うこと。
 
また、前述の手順などは、macOS+iPadOS前提。Windows+Androidについては関知していませんし、代替方法を示す予定もありません。
 
GoodNotesもWindows版やAndoroid版はありません。
 
なお、当方では「前述の手順で何か問題が生じた場合」でも、その責任は一切負いません。自己責任でお願いします。
 
※Eye catching image is self-made using Canva
 

error: Content is protected !!