Macユーザー青色申告最強ソフト!?

大相撲、2021年初場所・幕内番付予想(たもつ版)、そして期待など

大相撲

 
 
大相撲、2020年11月場所は、大関・貴景勝が14勝1敗、2度目の幕内優勝で幕を閉じました。
 
11月場所の各力士の成績を考慮して、2021年初場所の幕内番付予想をさせていただきます。
 
なお、これまで幕内番付予想は、「VOD三昧+」に公開してきましたが、2020年8月からは、こちらのサイトで公開することとしています。
 
 

2021年初場所の幕内番付予想

 
早速ですが、番付予想です。
 
202101たもつ予想
 
 
今回の番付予想も、先場所に引き続き、特に悩むこともなく、簡単に終えることができました。
 

11月場所ではっきりしたこと

 
「11月場所ではっきりしたこと」。それは…
 
 連続全球の白鵬と鶴竜の両横綱は、初場所に引退する可能性が高くなりました。  
 
それも、2人同時に引退ということもあり得ます。だからこそ、2021年初場所での貴景勝の連続優勝が強く望まれるところです。
 
 

近々に実現しそうな次世代を担う横綱は誰!?

 
これ以下については、後ほど、追記します。
 
来場所も、素敵な場所を期待しています。
 
 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 本記事執筆者:たもつ
 最終更新日時:2020-11-22 17:46:07 
 記事投稿日時:2020-11-22 17:45:05 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

error: Content is protected !!