【GoPro Hero 9】タッチスクリーン反応改善〜アップデートver1.6で!

GoPro情報-タッチスクリーン改善
<スポンサーリンク>

ブログ管理人「ShiGe☆」(しげ)です。

GoPro Hero 9 Black(以下、「GoPro 9」と記します) ユーザー、あるいはこれから購入しようかどうか迷っている方に朗報です。

  • アップデート(ver1.6)で、タッチスクリーンの反応が大幅改善!
目次

GoPro 9ユーザーのイライラの原因はタッチスクリーン!

この「タッチスクリーンの反応の悪さ」は、「GoPro 9あるある」。

私は、2021年5月下旬にGoPro 9をゲット。普段からカメラに全く興味がなく、スマホ以外にカメラは持っていない…。

なので、GoPro 9のタッチスクリーンの反応の悪さは「こんなもんなのかな」と思っていた。そのうち、「やっぱりおかしい、これ故障しているんじゃない?」と思い始め、YouTubeをいろいろ検索。

GoPro 9ユーザーの多くが、タッチスクリーンに不満を持っていることを知った。「私だけじゃない」、でもそれではイライラも収まらない(笑)。

YouTuberの先人たちは、このおバカな「タッチスクリーン」を使いこなす技をいろいろ見つけたみたい。そのなかでも、有用だったのが…

  • 例えば右手の指でタッチスクリーンを操作する場合、左手を包むようにGoPro 9の筐体を持つ

というやり方。なんでも、静電気が関係しているとかなんとか…。この方法だと、若干、操作性は向上するけど、それでも、イライラは多い。

購入して1ヶ月、ほぼほぼ諦めかけていたところ…

人差し指でスイスイ操作できる!?

期待していなかった分、嬉しさ倍増。

_/_/

6月23日にスマホのGoProアプリ「Quik」を立ち上げたところ、「アップデート情報」が表示される。

そのまま素直にアップデートを進める。

そのプロセスのどこかで「タッチスクリーンの反応の改善」という文字が見えた。期待。

で、アップデートが終わって、早速、タッチスクリーンを操作。おひおひ、直っているじゃん。

そのスムーズな操作具合については、こちらの動画をどうぞ。

<スポンサーリンク>

アップデート ver1.6について

アップデート内容

今回のアップデート ver1.6の内容は上記の通り。

_/_/

個人的には「The Remote」を多用しているので、パフォーマンスの改善の3番目「The Remoteでカメラ制御する際の信頼性の強化」がどの程度、改善されているのか楽しみ。

これについては、ここ1週間くらいで検証して、ブログに結果を書いてみるつもり。

また、ネックマウントやチェストマウントにGoPro9を装着すると、背面パネルが見えない。なので、画角確認のために、GoProアプリ「Quik」に接続することが多い。

なので、「Quikアプリとの接続性を強化」という修正項目も大いに期待したい。

アップデートの方法

アップデート手順

アップデートの手順はとても簡単。

_/_/

スマホ、あるいはタブレットにインストールしたGoProアプリ「Quik」を起動してスタート。

アップデートがある場合は、その旨が表示されるので、あとは「Quik」に表示される指示に従い操作するだけ。

「Quik」とGoProを接続することで、アップデートファイルが自動ダウンロードされ、それがGoProにインストールされる。

インストールが終わると、GoProが数回再起動を繰り返して、そして完了。

_/_/

私の場合、なぜか1回目が失敗。でも、慌てず、「Quik」を終了させて、再度起動して、再チャレンジ。2回目でうまくアップデートを終えることができました。

まとめ

GoPro情報-タッチスクリーン改善

GoPro 9ユーザーにとっては、待ちに待ったアップデートが実現しました。

アップデートはとても簡単、数分で完了。

改善具合は、とても快適なので、ぜひ、ver1.6へのアップデートを試みて欲しい。

_/_/

ところで…

GoPro 9には、まだ熱暴走とかストレス要因がある。

これについても、解決策について、別途、ブログ記事を書くつもり。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる