俳優・清水章吾「鬼嫁は嘘?」元妻と娘への40年間DVが暴露された!

清水章吾

 
 
 一時期、俳優・清水章吾さん(76歳)は鬼嫁にいじめられているという体(てい)でバラエティなどに出演していましたが、週刊新潮のスクープで清水章吾さんが「40年の長きに亘り、妻と娘に暴虐の限りを尽くしていた」(記事のまま)と報じられました。  
 
あの鬼嫁に虐げられている清水章吾さんって…嘘だったんですね。週刊新潮報道が事実だとすると、40年間って、とてつもない長さです、ひどいです。
 
この記事では、清水章吾さんがどういう俳優さんなのか、経歴などを紹介させていただきます。
 
 

週刊新潮が報じた内容について

 
 俳優・清水章吾さんは、1980年にハルマンさん(現在・69歳)と結婚。当時5歳の連れ子・絹子さん(現在・45歳)がいっしょでした。その後、清水章吾さんの実子が誕生すると、連れ子の絹子さんは「露骨に差別」されたというのです。  
 


私以外の家族はテーブルでご飯を食べているのに、私は床でゴミを食べさせられていました。髪の毛も根元から切られてしまい、髪型は常に男のように短くボロボロでした。
 
※引用元:デイリー新潮

 
絹子さんは清水章吾さんから受けたDVで、今でも額に傷痕が残っているといいます。中学3年生のときには、あまりの辛さで自殺未遂も起こしました…。
 
清水章吾さんのDVは妻のハルマンさんに対してもあり現在もその影響が続いているのです。
 


絹子さんのみならず、妻のハルマンさんも清水のターゲットだった。2019年11月8日に離婚が成立したものの、現在も清水は家から出ていかないため、母娘は部屋に鍵をかけて震えながら暮らしているという。
 
※引用元:デイリー新潮

 
なお、デイリー新潮には、動画も掲載されています。YouTube動画です。ここに載せますね。
 

 
「報道が事実なら」という前提ですが、かなり酷いDVです。
 
40年間DVが続いて、しかも、離婚が成立した今も、清水章吾さんがソバに居るということは、ハルマンさんたちにとって、怖いことです。
 
 

清水章吾さんの経歴について

 

簡単な経歴
本名:清水忠光
生誕:1943年2月15日(76歳)
出身:東京都港区
学歴:日本大学農獣医学部中退
身長:174cm
職業:俳優
活動:1964年〜現在
元妻:ハルマン
所属:オフィスPSC
 
 清水章吾さんが所属する事務所「オフィスPSC」には昨年ブレイクした小手伸也さんや、女優・萩尾みどりさんらが所属しています。  

清水章吾さんは15歳で児童劇団に入ります。しかし、当時、とても引っ込み思案な少年で、しかも赤面症。そのためか、舞台上でセリフが言えないという状況だったと言われています。
 
清水章吾さんは後年、雑誌などのインタビューにおいて、児童劇団に入ったのは、弱すぎる己を鍛えたかったと発言していますが、すこし格好付けすぎな発言だったかも…。
 
俳優としてのスタートは1964年で、1970年代には、脇役として活躍するようになります。
 
1980年には、洋画家・ハルマンさんと結婚。連れ子(再婚時に養女)の桑原絹(前述文章では「絹子」と記された人物)は画家。そして、結婚後生まれた次女・清水響美は1999年度帝人キャンペーンガールとなりました。
 
そして、2002年、アイフルのCMでチワワと共演(?)。これでブレイクします。
 
2002年のものではないですが、清水章吾さん出演のアイフルのCM(YouTubeでピックアップしました)をひとつ載せておきますね。これです。
 
 
さて…
2006年には、当時の所属事務所から独立し、家族で会社設立。会社代表取締役は妻・ハルマンさん。その後、2013年6月から現在の所属事務所「オフィスPSC」の所属となっています。
 
現在、清水章吾さんは、埼玉県本庄市(児玉地区)在住と言われています。
 
 

清水章吾さんの代表作など

 
 主だったものを列記します。サイト管理人がやっている別ブログ(ドラマ・映画サイト)で紹介している作品にはリンクを貼っておきます。  
 

テレビドラマ
 
映画
  • 1975年『夜霧の訪問者』
  • 2003年『黄泉がえり』
  • 2018年『ウスケボーイズ』
 
う〜ん、ドラマは連ドラよりも単発が多いみたいです。映画も主演はないですね。
 
かといって…名脇役かというと…どうも…。
 
 

清水章吾さんが過去話題になったことなど

 
 過去、清水章吾さんが話題になったことを2つ載せます。  
 

バラエティ番組「ナイナイアンサー」出演

 
清水章吾さん、2013年には当時妻であったハルマンさんと「ナイナイアンサー」に出演。
 
このとき、鬼嫁ハルマンさんのことを清水章吾さんが相談するというような形での出演でした。
 
清水章吾さんは、2005年、都内から埼玉県本庄市に住まいを変えました。330ツボの豪邸を建てたとか。そこには13匹の犬と3匹の猫が放し飼い。掃除などが行き届かず、糞尿が一部そのままと放送されました。
 
部屋は埃だらけで、撮影スタッフの靴下もすぐに汚れてしまったとか。
 
再婚同士の清水章吾さんとハルマンさん。ハルマンさんは清水章吾さんの7つ年下。ハルマンさんは洋画家で、宇宙のイメージや曼荼羅をモチールとした絵を描きます。
 
ハルマンさん、なんかいろいろ肩書きがあります。
 

  • ル・サロン(フランス芸術家協会)永久会員
  • ハプスブルク芸術友好協会宮廷芸術永久会員
  • フランス国立シャガール美術館協会正会員
  • ピカソ美術館協会正会員
  • 国際美術審議会会員
  • 世界創造芸術認定作家
 
ハルマンさんについては、Wikipediaもあります。
 

この「ナイナイアンサー」では、「妻のハルマンさんは芸能界最強の鬼嫁で、自室に閉じこもり創作活動をしていて、ほとんど家事をしないので、家事は清水章吾さんひとりでやっている」と紹介されました。
 
そんなこともあり、放送後は「清水章吾さんの家はゴミ屋敷」と言われるようになったとか…。
 
 

息子監禁事件!?

 
清水章吾さん、娘2人だけかと思ったら、息子もいました。
 
警察発表。2006年8月2日、清水章吾さん長男・光春さん(当時20歳)が常用者と接触しそうになり因縁を付けられ、相手の車に乗せられ脅され、ATMで現金8万円を引き出されて奪われた。
 
犯人は逮捕され容疑を認めました。
 
清水章吾さんはこの件につき「犯人に憎しみはない、息子には勉強した月謝だと思えと話した」と発言しています。
 
 

まとめ

 
清水章吾
 
 
 見た目おとなしめの俳優・清水章吾さんに「DV疑惑」が報じられました。出所は週刊新潮。なんと40年にわたりDVがあったというのです。  
 
前述したバラエティ番組「ナイナイアンサー」は、なんとなく見た憶えがあり、面白い夫婦だなという記憶は残っていたのです。
 
でも、週刊新潮記事によると、番組出演当時もバリバリなDVがあったってことです。つまり、「ナイナイアンサー」に出ていた2人は仮面だった…。
 
いずれにしても、本当のところはどうだったのか。とても気になるところです。続報はわかり次第、追記したりしますね。
 

error: Content is protected !!