Macユーザー青色申告最強ソフト!?

【8年型落ちパソコン復活記その3】Ubuntu Server(英語版)インストール後にやった6つのこと

 
 
 いろんな経緯があって「8年型落ちデスクトップ復活」では、「Ubuntu Server 17.10(映画版)」でセットアップを完了させ、無事、起動を確認しました。  
 
そのセットアップ後に何をやったのか、備忘録的に書くことにします。ただし、ネット検索&調査でよく出てくる「Ubuntu Serverセットアップ後にやるべきこと」とは違います。
 
 

Ubuntu Serverにした経緯

 
すでにこれまでの記事で書いていますが、Windows10とのデュアルブート設定に失敗したからです。
 
ブートローダーを壊してしまって、Windows10は昇天しました。しかも、Ubuntu 17.10をインストールしても起動しない事態が発生。
 
そんな状況のなか、いろいろ調査した結果、Ubuntu Server(英語版)でのセットアップを完了し、起動を確認したわけです。
 
このあたりの事情については、こちらの記事を参照ください。
 

 
 

[1]デスクトップ環境「Gnome」セットアップ

 
 Ubuntu Serverセットアップ直後に、まっさきにやったのがこれです。  
 
というのも、コマンドラインでUbuntuを動かす力量がないからです。とにかく、デスクトップ環境が必要だったのです。
 
どのデスクトップ環境を選ぶかについては、少し調べました。現状の「Ubuntu Desktop」では「Unity」です。ただし、「Ubuntu 18.04」からはデスクトップ環境が「Gnome」になるということがわかりました。なので、どうせならその変化に追従しようということで「Gnome」を選びました。
 
「Gnome」セットアップについては、コマンドラインで次のようにやり、簡単にセットアップ完了しました。
 
 $ sudo apt-get install gnome  
 
「Gnome」セットアップについては、何も悩む必要はありませんでした。
 
 

[2]日本語環境「Mozc」セットアップ

 
サイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記す)にとっては、日本語入力環境は必須です。これについてもコマンドラインでやります。
 
 $ sudo apt-get install ibus-mozc  
 
このあとにアップデートをして、から再起動です。
 
その後、「設定」→「地域と言語」→「入力ソース」で「日本語(Mozc)と日本語」を追加して、「日本語(Mozc)」「日本語」「映画(US)」の順位並べました。
 
ここまで設定をすれば、問題なく日本語入力ができます。
 
 

[3]Dropboxセットアップ

 
私は有料Cloudとしては、Dropboxをメインに使っています。その便利さを痛感しているので、今回は、別IDで新しくDropboxの無料版を登録し、そのDropboxを「Ubuntu Server」にセットしました。目的は、自宅の他のパソコン(Macたち)とデータ共有を簡単に行うためです。
 
Dropboxセットアップ手順は次の通りです。
 

  • Dropbox(Linuxバージョン)をダウンロードする。
  • コマンドプロンプトでインストールする。
  • Dropboxデーモンを起動する。
 
ダウンロード先はこれです。Ubuntuの適当なところにダウンロードします。そして、次のコマンドでインストールします。
 
 $ sudo dpkg -I dropbox_XXXXX.deb  
 
※この「XXXXX」の部分は、実際にダウンロードしたファイル名に合わせます。
 
そして、デーモン起動は次のようにやります。
 
 $ dropbox start -i  
 
 

[4]プリンタセットアップ

 
これはあっけないくらいに簡単です。同じネット環境内のプリンタの電源スイッチをオンにするだけで、ほとんどのプリンターなら認識してくれると思います。
 
もしダメな場合は、ネット検索して、すこし頑張ってくださいね。
 
プリンタの認識ができたら、テスト印刷をして終了です。
 
 

[5]ウイルススキャナーCalmTKセットアップ

 
要領的には、Dropboxと同じです。
 
おひおひ、それだけかよ…ですが、端折ります(笑)。なお、使い方についても、ネット検索してください。
 
 

[6]よく使うアプリのメニュー登録

 
Ubuntu+Gnomeでは、左上隅の「アクティビティ」をクリックすると、アプリが登録したビジュアルなメニューが出てきます。そこに、デフォルト以外に、次の3つを登録しました。アプリ一覧からマウスでグリグリとドロップするだけです。
 

  • ブラウザ:FireFox
  • クラウド:Dropbox
  • コマンド:端末
 
 

まとめ

 
これ以外にもいくつかやりました。
 
たとえば、画像ファイルをクリックしたときに、画像編集ソフト「Gimp」が起動するように設定するとか…。
 
以上のような、ほんの少しの調整、セットアップで、「Ubuntu Server + Gnome」は使いやすくなりました。
 
私は、このOSをサーバーとして使うつもりは全くありません。
 
以上で、かなり「使える」状態になりました♪
 

error: Content is protected !!