Macユーザー青色申告最強ソフト!?

【必読&緊急】特別定額給付金(1人10万円)電子申告の「5つの壁」を考える(実体験に基づく!)

特定定額給付金

 
 

2020年5月15日9時追記...
 
サイト管理人「たもつ」は、5月1日午前中、マイナンバーカードを活用してオンライン申請を完了させました。
 
無事、オンライン申請が完了したことは、その直後の「完了メール」で確認済みです。
 
そして、5月15日に申請人数分の金額の振り込みがありました。
 
役場のみなさま、作業、お疲れ様でした。
 
 特別定額給付金(1人10万円)電子申告が、全国679市町村で5/1からスタート。サイト管理人「たもつ」(以下「私」と記します)は、5/1午前中に電子申告を完了。  
 
その実体験に基づき、特別定額給付金(1人10万円)電子申告に潜む「大きな5つの壁」について報告させていただきます。
 
 

結論〜特別定額給付金(1人10万円)電子申告5つの壁

 
高い壁
※Image quote source is pixabay.
 
 
私が実際に電子申告をやってみて感じた、「大きな5つの壁」がコレです。
 
私はかなりITに詳しいほうだと思っているのですが、そんな私が、電子申告をスタートして完了させるまでに、ほぼ1時間を要してしまいました。事前情報が少なかったことがその一因です。
 

電子申告、大きな5つの壁
 
特別定額給付金(1人10万円)電子申告にあたって、大きな5つの壁はコレです。
 
  1. 「写真付きマイナンバーカード」が必要で、「マイナンバー通知カード」では、できない!
  2. 「写真付きマイナンバーカード」取得の際に設定した「3つのパスワード」が分からないと、できない!
  3. パスワード入力を一定回数(以下を参照)間違えると、「ロック」されてしまい、できない!
  4. パソコンでやる場合、写真付きマイナンバーカードを読み取るための「ICカードリーダー」がないと、できない!
  5. スマホでやる場合、写真付きマイナンバーカードを読み取るための「NFC機能」がスマホ内蔵されていないと、できない!
 
この「大きな5つの壁」が、あなたが電子申告できるかどうかの踏み絵(?)なんです。
 
つまり…
 
そもそも「写真付きマイナンバーカード」を持っていないとできないし、持っていたとしても取得時に設定した「3つのパスワード」がわからないと、できない。
 
パスワードを適当に入力して一定回数(以下を参照)間違えると「ロック」されてしまい、できない。
 
さらに、パソコンでやるときには「写真付きマイナンバーカード」を読み取るための外付け「ICカードリーダー」がないと、できない。
 
一方、スマホでやるときには、スマホが「NFC機能」に対応していないと、できない…。
 
 壁高すぎませんか!?  
 
それでは一つ一つ簡単に解説します。
 
なお、実体験に基づく記事については、こちらのほうが具体的です。
↓ ↓ ↓ ↓
マイナポータル 特別定額給付金(1人10万円)の電子申告がヤバすぎる件〜年寄りじゃ難し過ぎて出来ないぞ(怒)  
 

【1つ目】「写真付きマイナンバーカード」が必要

 
マイナンバーカード・見本
 
 
「電子申告ができて」…「手軽そうだな」と広報・報道されていますが、電子申告の壁はめちゃくちゃ高いのです。その第一がこれ。
 
そもそも「写真付きマイナンバーカード」じゃないと電子申告できません。
 
マイナンバーカードのとき、最初に郵送された「マイナンバー通知カード」では出来ないのです。セキュリティ設定されていませんから。
 
「マイナンバー通知カード」を受けて「写真付きマイナンバーカード」を作った方は少ないと報道されています。
 
残念ですが、「写真付きマイナンバーカード」を持っていない方は、今回の電子申告は、できません。
 
 

【2つ目】「3つのパスワード」が必要

 
パスワード
※Image quote source is pixabay.
 
 
「写真付きマイナンバーカード」を作成したとき、市町村の窓口で、「3つのパスワード」を設定しました。
 
友人を含め、複数人にそのことを確認しましたが「3つパスワードが存在する」ことを知っていた人はゼロ。
 
もちろん、私も認識していませんでし。しかし、パスワード管理ソフトに、「3つのパスワード」をしっかりメモしてありました。
 
「3つのパスワード」とはコレです。
 

電子申告で必要な3つの暗証番号
 

  1. 利用者証明用電子証明書暗証番号
  2. 券面事項入力補助用暗証番号
  3. 署名用電子証明書暗証番号
 
このうち、2番目のパスワードは使用せずにスルーすることができます。なぜなら、「券面事項入力補助機能」を使わずに、手入力すればいいからです。
 
しかし、残る2つ「1番目」と「3番目」が分からないと、電子申告が、できません。
 
私は、スマホで電子申告をしたので、パソコンの場合もこの3つのパスワードが必要になることは確認できていません。出来ていませんが、セキュリティ上、恐らく必須(「2番目」を除く)だと推測しています。
 
 

【3つ目】「ロック」されるとアウト

 
ロック
※Image quote source is pixabay.
 
 
前述の「3つのパスワード」、連続して一定回数(以下を参照)ミスるとマイナンバーカードが「ロック」されてしまいます。
 
つまり電子申告、できない。
 
これについては、情報が錯綜しています。残念ながら、大元である総務省のマイナンバーカード関連サイトで「パスワードミス回数」が発見できません。
 
今、分かっているのは…
 
前述パスワードの②「券面事項入力補助用暗証番号」は連続3回入力ミスでアウト。
 
前述パスワードの③「署名用電子証明書暗証番号」は連続5回の入力ミスでアウト。
 
以上の情報出典は野村證券のサイトです。他の市町村などでも似たり寄ったり(間違っているのもあるけど…)。
 
で…
「アウト」とは何かというと、「ロック」をしてしまったら、市町村窓口に出向き、パスワード歳設定をする必要があるのです。めんどい(笑)。
 
ちなみに…
前述パスワードの①「利用者証明用電子証明書暗証番号」は何回の連続ミスでアウトなのか不明です。
 
安全パイで考えると「3回連続ミスでアウト」と考えていたほうがいいかもしれません。
 
そもそも、①と③のパスワードが不明なら、電子申告はチャレンジしないほうがいい…と思います。
 
 

【4つ目】パソコンでは、「ICカードリーダー」が必要

 
ttl_mynumbercard_sp
※画像出典:https://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/mynumber_rw/index.html
 
 
さて、「写真付きマイナンバーカード」があって、「3つのパスワード」もバッチリ分かっているという方が、パソコンで電子申告する場合、「写真付きマイナンバーカード」を読み取るための「ICカードリーダー」が必要です。
 
サンワサプライなどが販売しているものなどです。
 
アマゾンで3000円〜5000円くらいで入手できます。
 
これ持っていない方が、ほとんどだと思います。パソコンで電子申告する場合、わざわざ「ICカードリーダー」を購入するよりは、次のスマホで電子申告のほうを選択されることをお勧めします。
 
なお「ICカードリーダー」ですが、かなり怪しい(セキュリティが心配)な機種も出回っているみたい。それからMacじゃうまくできないとかも…。
 
 

【5つ目】スマホでは、「NFC機能」が必要

 
NFC
※画像出典:https://www.smart-tec.com/en/auto-id-world/nfc-technology
 
 
ラスト、スマホで電子申告する場合、「写真付きマイナンバーカード」を読み取るためのNFC機能が内蔵されている必要があります。
 
NFCというのは「スマホをかざすだけで周辺機器と通信ができる技術」です。
 
私はiPhone XSで電子申告を完了させました。iPhoneでは「7」以降の機種には「NFC機能」が内蔵されています。
 
逆に言うと、「NFC機能」が内蔵されていないiphone7より前の機種では、電子申告、できないのです。
 
 

【あと3つ】まだまだ小さな壁があります!

 
手詰まり
※Image quote source is PAKUTASO.
 
 
さて、以上の「大きな5つの壁」を乗り越えれば、無事、電子申告できるかというと、まだ壁…というかトラップがあります。
 
操作上のトラブルっぽいものです。
 
少なくとも3つあります。
 

  1. スマホで「写真付きマイナンバーカード」を読み取るとき、カードの上にスマホを置いて操作する…というのが分かりにくい
  2. スマホの場合、「写真付きマイナンバーカード」をパスワードを使って読み取ったあとの作業が分かりにくい
  3. 住所番号を「全角数字」で書かないといけないのに、気づかないかも
 
これらについては、こちらの記事を参照ください。
↓ ↓ ↓ ↓
マイナポータル 特別定額給付金(1人10万円)の電子申告がヤバすぎる件〜年寄りじゃ難し過ぎて出来ないぞ(怒)  
 

まとめ

 
特定定額給付金
 
 
 今回、特別定額給付金(1人10万円)電子申告する場合の「大きな5つの壁」(+小さな3つ)についてご説明しました。  
 
これは私が実体験(5/1に電子申告完了済み)して分かったことです。
 
なので、今現在、ネットにはあまり出回っていない「生情報」です。
 
あなたが無事、電子申告を完了させるために、本記事を活用していただけたら嬉しい限りです。
 
 

追記1:2020年5月9日

 
 電子申告が完了すると、「ぴったりサービス」というところから、申告完了のお知らせメールが届きます。  
 
このメールが届かないと…申請はもう一度やり直してね…ということみたいです。
 
ちなみに次のようなタイトル&文面のメールが届きます。
 
ぴったりサービス
 
さらに、申請ラストのほうで「控えファイルの送信」(みたいな)ものを選択した場合には、登録メールアドレス宛に、申請署控えがPDFなどで届きます。
 
具体的には次のものです。
 

  1. 申請者情報の控え(PDF)
  2. 申請様式の控え(PDF)
  3. 特別給付金(CVS)
 
なお、私(Mac)の場合、③は文字化けしていました。文字コードを変えれば読めるかも。
 
そうそう、①にも②にも「申請受付番号、日時」がしっかり記載されています。
 
 

追記2:2020年5月9日

 
 5月1日の午前中に電子申告が完了した私の手元には、5月8日午後3時現在、未入金です。  
 
今回の給付では、早いところでは8日に給付と報道されていましたが…
 
このあたりは、所管の市町村の事務能力によるのかもしれません。
 
入金されたら、ここで報告しますね。
 
_/_/
 
本記事執筆者:たもつ
最終更新日時:2020-05-27 09:02:01 
記事投稿日時:2020-05-03 10:44:29

error: Content is protected !!